飼い主を悩ませる猫の認知症の主な症状3つ

猫もヒトと同じように
認知症になるのをご存知でしょうか?

現代ではエサの品質向上や
室内飼いなど安全面が考慮されたことにより
猫の高齢化が進み長生きすることによる
問題がうまれているのも事実です。

長生きすることは飼い主にとっては
嬉しいものですが

高齢により認知症の症状があらわれて
介護することになった場合
飼い主さんの悩みの種へと変わります。

今回は猫の認知症の症状で
飼い主さんが頭を抱えて悩む事例を
紹介していこうと思います。

もし該当することがあれば
一人で悩むのではなくて
お近くの獣医師さんへご相談ください。

あくまでも獣医師さんと相談するための
事例として受け止めてもらえればと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

猫の認知症が現れやすい年齢

昔の猫は寿命も早くて
認知症の症状が現れるまでに
天寿を全うしていた場合がほとんどでした。

そのため認知症に気づかないこともあり
あまり心配することはありませんでした。

昨今ではエサの品質向上や室内飼いなど
猫の安全面や衛生面など質の向上により
長生きするようになりました。

猫の平均寿命は13歳~15歳です。

人間の年齢になおすと
68歳~76歳です。

かなり歳をとっていることが
お分かりいただけたでしょうか?

猫の認知症の症状が現れやすい年齢は
8歳を超えたあたりから
症状が現れやすくなるようです。

飼い主を悩ませる猫の認知症 主な症状3つ

ここからは猫の認知症で
飼い主さんを悩ませる事例を
列挙していきます。

夜中に鳴きまくる

猫-認知症-症状-夜中に鳴く

夜中にニャーニャーと鳴きまくり
ぐるぐる徘徊するようになる。

これは人間の生活習慣に悪影響を与え
飼い主さんを悩ませる問題です。

鳴き声が気になって
眠れなくなる飼い主さんもいるようです。

中にはストレスから叱りつけて動物虐待に
発展してしまうケースもあるようです。

怒ることは決してプラスに作用はしません。

おおらかに対応しましょう。

猫の夜泣き&夜鳴き対策 飼い主さんの困ったをここで全て解消します!!

トイレの以外の場所で排泄をしてしまう

猫-認知症-症状-そこら辺で排泄する

おしっこやうんこを
そこら辺でしてしまう。

トイレの場所で排泄しないので
排泄の処理の苦労で悩まされます。

また排泄がスムーズにいかなくなり
便秘やおしっこができなくなる事も
しばしばあります。

この場合は飼い主さんの手で
手伝う必要が出てきます。

その場合は動物病院に行って診察してもらい
排尿や排便の方法を
教えてもらう事になるので
かなり根気のいる作業となります。

攻撃性が増す

猫-認知症-症状-攻撃的になる

同居している動物や
飼い主に対して攻撃的になることがあります。

普段から普通にブラッシングしていたのに
急に威嚇してきたり

同居している動物を威嚇したり
急に普段と違い攻撃的になる事があります。

他の猫に危害を加えたり
飼い主に危害を加える恐れがある場合は
ゲージに入れるなりして
まずは身の安全を確保しましょう。

それから動物病院へつれていき
適切に診察してもらいましょう。

とにかく自己判断で対処するのは
くれぐれも避けてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

シェアするニャン(^・ω・^)

フォローしてくれると喜びます♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。