なぜ猫は死期を感じると姿を消すのか!?

2015_03_13_ネコ寝る姿

ネコは自分の死期を感じると
『飼い主から姿を消す』
この言葉って一般的に広く言い伝えられていますよね。

なので知らない人ってあまりいないと思います。

実はこれ、
死期を感じる事について
ネコ自身が解ってない可能性があるんですって。

とは言え、

http://nekonew.com/neko-perceive-death

この記事で取り上げたように、人の死期を感じ取れるネコもいるので
一概には言えない部分もあると思います。

では何故このように飼い主から姿を消すと言い伝えられたのでしょうか?

具合が悪くなると安全な場所に隠れる習性が原因だった!?

ネコは自分の具合が悪くなると、身の安全を確保するために
安全な場所を見つけ隠れる習性があるようなんです。

『外敵に襲われない場所に身を隠し、ゆっくり体を癒そう!!』
野生の習性ってやつですね。

その事から、外飼いのネコの場合
安全な場所に身を隠して、そのまま回復せずに息を引き取り
死んだ事が誰にもわからない

そのため結果的にネコが家に帰って来なくて
『死期を感じると飼い主から姿を消す』
と言い伝えられのだと思います。

では家飼いの場合はどうなのか?

静かな場所に身を隠すネコもいますが
飼い主に甘えてくるケースもあるようです。

飼い主の手の中で息を引き取ったという事も聞くので
飼い主が一番のより所という事もあるのでしょう。

交通事故が原因だった!?

外飼いの場合、一番死亡の原因で多いのが交通事故。
大多数はこれに該当するのではないかと思います。

交通事故でお亡くなりになったとしても
ネコの飼い主は解らないことが多いので

『死期を感じると飼い主から姿を消す』
と言い伝えられのだと思います。

悲しい現実ですね・・・。