猫はブラッシングのやり方次第で機嫌が180℃変わる!?鳴く子がもっと鳴くブラッシングの方法を教えます!!

猫のブラッシングの事なら
このページは絶対に見逃せない。

猫はブラッシングするお手入れ用品から
ブラッシングの仕方まで
全てにおいてデリケート(我がまま)な
動物なのだ。

我々飼い主は
そのデリケートな猫の欲求に応えるべく
ゾッコンLOVEな人が多いはずだ。

我々は飼い主ではあるが
猫にとっては下僕なのだ。

それを踏まえたうえで
猫のブラッシングについて
全てを語っていくので
ごゆるりと。

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

・猫ってブラッシング必要なの?

2015_05_09_猫-ブラッシング必要

『自分で毛づくろいしてるのに
ブラッシングする必要ってあるの?』

そう疑問に思う人もいますよね。

これが必要なんですよ。
下手したら病気になるんですわ…。

猫って全身が毛に覆われていますよね。

やはり毛と言えば抜ける。

この抜けた毛をグルーミング時に
大量に飲み込んでしまって
吐き出せない場合があるんです。

毛は消化できません。
なので腸にたまって
食欲不振や便秘などに悩まされます。

これが

『毛球症(もうきゅうしょう)』

という病気です。

ひどい場合はお腹を開けて取り出す
手術をしないといけません。

手術代もばかになりませんので
こうならないためにも
ブラッシングが必要なんです。

・ブラッシングが好きな猫

2015_05_09_猫-ブラッシング大好き

ブラッシングが好きになると

『もっと♪』
『してして♪』

など
まるで虜になったかのような
甘えっぷりの猫がいるようです。

こちらをご覧ください。

ブラッシング愛が止まりません(笑)
よほど気持ち良いのでしょう。

目がうっとりして気持ちよさそうでしょう。
横になってブラッシングされてる姿が
たまりません(笑)

猫の尻尾の付け根って

『猫の性感帯』

って知ってました?

これ鳴いてるのって
たぶん性感帯が刺激されて
鳴いているんだと思います(笑)

・ブラッシングが嫌いな猫

ブラッシングが嫌いな猫もいます。

猫パンチを繰り出してきたり
噛みついてきたり
このような痛い経験はありませんか?

ブラッシングで嫌な経験をしたか
ブラシが気に食わないのどちらかです。

一度嫌いになったら
ブラシを見ただけで逃げ出すので
慎重にブラッシングをしましょう。

・焦って一気にやろうとしない事

これが余計にブラッシングが嫌になる
可能性が高いと言われています。

2015_05_09_猫-焦ってブラッシングしない

以下にブラッシングのやり方を
解説していきますので
そちらをご覧ください。

・ブラッシングのやり方

・毛が絡まってないか確認する

2015_05_09_猫-毛が絡まってないか確認して

人を例にあげます。

あなたは髪の毛が絡まった状態で
クシを通して痛い思いをしたことは
ありませんか?

私はあります。

猫だって同じなんです。

絡まった毛を知らず知らずのうちに
クシで引っ掛けてしまい
痛い思いをさせたら
ブラッシングが嫌いなると思いませんか?

なので毛が絡まっていたりしないか
毛同士で何か硬いものがついてないか
チェックしてあげてください。

・毛の流れにそってブラッシング

2015_05_09_猫-毛の流れ背中と顔まわり

まずは頭や首のあたりで様子を見よう。

いい子にしているなら
そこから背中、しっぽに向けて
ブラッシングする。

コツは骨が出ている部分に
ブラシを当てない事ですね。

2015_05_09_猫-毛の流れお腹まわり

あとはお腹周りだったり
顎下あたりをブラッシングしていきます。

ちなみに
猫が自らブラシにスリスリしてきたら
ブラシを動かさず猫にやらせましょう。

・仕上げはこれで

短い毛の猫ならラバーブラシ
長い毛の猫ならコーム
これで毛を整えて終了~!

・ブラシがダメなら別の方法でやる!

2015_05_09_猫-ブラッシングの最終手段は手

とりあえず無理にブラッシングするのは
止めようか。

次にブラシが硬くないかチェック。

ブラシを変えてもダメなら

『手』

という方法があります。

・水にぬらして手でブラッシング
・バックスキン手袋をはめてブラッシング

飼い主の手を嫌がる猫は
そんなにいないと思うので
究極の手段はこれしかないと思います。

※気をつけて※

2015_05_09_猫-自分の毛を食べる

この動画を見たらわかりますが
ブラッシングして抜けた毛を
食たべる場合があるので
抜け毛を十分管理してくださいね。

※ツブツブを見つけても潰さないで※

コームでブラッシングしてたら
小さなツブツブみたいなのがついていた。

そんな経験ありませんか?

それたぶん『ノミ』です。
ちなみに『つぶしたらダメ』です。

ノミがメスの場合は体内に卵をもってる
可能性があり、猫の体に付着して
ノミが大発生しちゃう場合があります。

そこらへんの衣類や人間の体にも付着したら
ヤバイと思うけど。

ツブツブを見つけたら

・クシに洗剤つけて熱湯につける
・クシにテープをつけてツブを取り捨てる

に限ります。

・最強と思うお手入れ用品

・ファーミネーター

1回なでるだけでかなりの量の毛がとれる
という噂のブラシだ。

さらに体に近い毛(アンダーコート)まで
行き届く設計になっているので
ブラッシングの際はこれを使ったほうが
良いと思う。

・短い毛の子用

子猫向け

大型猫向け

・長い毛の子用

子猫向け

大型猫向け

・ラバーブラシ

『うちのブラシ硬いのかな?』
と思った方にオススメです。

とても優しい設計になっており
触れた猫を虜にします。

Sサイズ

Mサイズ

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

シェアするニャン(^・ω・^)

フォローしてくれると喜びます♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。