猫が胎盤を食べる3つの理由

【研究員が明かした】猫が胎盤を食べる3つの理由【科学的根拠】

猫が胎盤を食べる3つの理由

猫が胎盤を食べている光景を見て
以下のような疑問を感じていませんか?

  • なぜ胎盤を食べてるのか?
  • これって猫の体に悪影響はないのだろうか?

猫が胎盤を食べる理由は以下の3つからと言われています。

  • 肉食動物に襲われないようにするため
  • 栄養補給のため
  • 痛覚の耐性をつけるため

このページでは猫が胎盤を食べる3つの理由をもとに
1つずつ内容を深く掘り下げて解説していきます。

肉食動物に襲われないように胎盤を食べて出産の形跡を消す

野生の世界は我々が想像しているよりも遥かに厳しい。
なぜなら弱者は強者によって食べらるリスクが常に付きまとうからである。

安全と思われがちな巣穴でも同様の事が起きるのが野生の世界だ。

ここで猫科の動物のライオンを例に解説していこうと思う。

胎盤を食べる理由 - 捕食者から子供たちを守るため - ライオン

以前、ライオンのドキュメンタリー映像を見ていたのですが
徘徊するハイエナがライオンの巣穴を通りかかった際に
オスのライオンが追い払ってるのを見かけました。

ライオンのオスは基本的に狩りはしません。
なぜなら外敵から縄張りを守る使命があるからです。

さて、メスのライオンが子孫繁栄のために巣穴で子供を産みます。

ではオスが狩りに行くのか?というと違います。
オスが巣穴を守って、メスが狩りに行きます。

まだ狩りに行けない子ライオンは
外敵から見るとカッコウのエサなので
ハイエナなどに巣穴を襲われて食べられてしまう事があるようです。

このためメスのライオンは出産の痕を外敵に教えないために胎盤を食べるようです。

これが動物の本能として残っており
猫も胎盤を食べるのではないかと言われております。

犬も同じように胎盤を食べる

胎盤を食べる理由 - 犬も同じ

さて海外で犬の獣医をしている方が書いた本に
犬も同じ理由で胎盤を食べる事が記されていました。

この事から、野生の防衛本能が現在でも備わっており
外敵に出産の痕を教えないように胎盤を食べるのではないかと考えられています。

捕食者以外にも虫を引き寄せないために胎盤を食べる

外敵に感ずかれないために胎盤を食べるとかきましたが
他にも引き寄せたくないものがいます。

それが虫です。

彼らは子供たちに害を与え、さらに巣穴を汚します。

おまけに死んだあとに腐敗して、
そのニオイから外敵を引き寄せたりするので
清掃目的でも胎盤を食べると言われています。

栄養補給のために胎盤を食べる

胎盤を食べる理由 - 栄養補給のため

猫の出産で生まれる子供の数は平均で3匹~5匹くらいです。

出産にかなりのエネルギーを消費するので
栄養を補給するために胎盤を食べるそうです。

海外の動物研究員の方の記述によると

胎盤には非常に栄養価の高いタンパク質が含まれており
出産後の子猫に母乳を与えるために胎盤を食べるようです。

胎盤を食べることで栄養価の高い母乳を作り
子供たちに栄養を分け与えるみたいです。

ヒトが胎盤を食べて効果があるのか少し疑問!?

海外の参考文献を探しているのですが
ヒトが胎盤を食べて効果があるのか?害はあるのか?を証明する臨床試験は
今のところ無いようです。

多くの場合が、冷凍乾燥胎盤を食べた母親が授乳の効果を
1954年の研究結果が引用されている事が多いです。

胎盤を食べた女性210人に聞いた結果
以下のような回答が得られました。

胎盤を食べた女性210人に授乳増大の効果はあったのか調査結果

  • 71人が非常に良いと回答
  • 110人が良いと回答
  • 29人が否定的な回答

これ以降、科学的なフォローアップがなされていないようです。

ジョディスレンダー(Jodi Selander)という女性が
胎盤摂取の医学的証拠が不足しているので
ラスベガスのネバダ大学(UNLV)の人類学者と共に
胎盤を食べる理由と女性が経験した報告内容を元に研究を手伝ったようです。

著者らは189人の18歳以上で子供を出生後に胎盤を摂取した女性を対象に
インターネットを利用してインタビューをしました。

胎盤を摂取した18以上の女性のアンケート結果

結果、一部の女性は頭痛や不快なゲップを経験したと報告したようです。

その他のマイナス要因としては
赤ちゃんに発疹ができたり
ほてり、けいれん、便秘などの報告事例があるようです。

しかし、多くの女性がポジティブな結果を報告し
75%の女性が非常に前向きな経験ができたと回答しているようです。

ネットに出回っている情報の中で
ジョディスレンダーのように実践した研究記録は無く
多くの場合が彼女の情報を超えるようなものはないようです。

繰り返しになりますが、ヒトが胎盤を摂取したことで害を及ぼしたり
何かしらの効果をもたらす事はほとんど無いみたいです。

痛みに耐えるために胎盤を食べる

胎盤を食べると痛覚の耐性が上がる - ラット実験

妊娠したラットの研究を事例に解説していきます。

妊娠したラットに胎盤を摂取させると
痛覚の閾値を増大させうる研究結果が報告されています。

これは出産時に内在性オピオイドが増大して
痛みの耐性を上げる効果があるらしいです。
羊水を含めると効果はさらに増加するようだ。

これはひとつの仮説になりますが、
猫は3匹以上の子猫を出産するのが平均的であり
母体の痛覚の耐性を上げるために胎盤を食べているのではないかという説もある。

しかし、ヒトに対する対象研究がないので効果は定かではないが
非ヒト哺乳動物において40年間にわたる研究結果から
科学的な方法論で言えば可能性はあると思われています。

(Kristal 2012 研究結果より)

おわりに

以上の解説から猫が胎盤を食べる理由を端的にまとめると
これら3つの要因が合わさったものと考えられます。

  • 外敵に出産痕を教えないため
  • 母猫の栄養補給と授乳の増大を図るため
  • 母体の痛みに耐えるため

以下の記事もよく読まれています。

母猫が子猫を食べる理由を徹底解明!!動物の母親すべてに当てはまる意外な本能について

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

熱心に見てくれる貴方にお願いがあります。

この記事をSNSで共有して、お友達との会話で使ってもらえないでしょうか?

話題にして頂くことで、今後のサイトの質の向上のヒントに役立てたいのと
参考になる情報を収集する事に、より一層力を入れる事ができるので
猫の事を知りたいユーザーにとってより良いサイトの構築ができると思います。

お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。