猫にも老人ホームと同じ老猫ホームがあるの知ってる?認知症の介護に頼もしい施設をご紹介します

ヒトが歳を取り
一人で生活するのが困難な場合
老人ホームに入るという選択がありますよね?

猫もヒト同じように
老人ホームならぬ老猫ホームがあるのを
ご存知ですか?

今回は老猫ホームについて
どのようなサービスを行っているのか?
ご利用料金はどのくらいかかるのか?
気になる部分を書いていこうと思います。

それではごゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

老猫ホームはどんなところ?

猫-老猫ホームはどんなところ?

老猫ホームは
年老いた猫を預かってくれて
なおかつ介護してくれる場所です。

専門のスタッフが介護にあたり
猫の世話をしてくれます。

中には専属の獣医師さんと
医療設備を一緒にした施設もあるようです。

猫の生活環境にあった部屋作りが充実している

猫-老猫ホーム-快適な環境作りを意識

さて老猫ホームといっても
ただ猫を隔離するわけじゃありません。

猫が好きな隠れ家作りだったり
ゲージの確保だったり
キャットタワーの設置や
室内から屋外テラスへの行き来など

猫の生活環境に最適化された部屋作りを
心がけている施設が多いようです。

また複数の猫と共同生活を送ることから
猫同士の相性を見て
適切な部屋へ入れる配慮もされています。

老猫を預ける理由と事例

さて老猫ホームをご利用する飼い主さんの
理由はさまざまです。

ここでは主な事例と理由について
書いていきますのでご参考までに。

  • 排泄の介助や世話が難しい
  • 徘徊と夜鳴きが手におえない
  • 自分が高齢のため、世話をするのが困難

主にこれらの事例が挙げられます。

また自分が高齢だけど
ペットを飼いたいと思う飼い主さんが
自分が先に死んだらどうしようか…
と躊躇される場合でも

あらかじめ相談することで
自分が死んだあとに引き取ってもらう
サービスもあるようです。

老猫ホームの利用料金ってどのくらいかかるの?

猫-老猫ホーム-ご利用料金

老猫ホームに預けるのに気になるのが
ご利用の際にかかるお金や費用ですよね?

ここからは利用料金の目安や相場について
書いていきますのでご参考までに。

1年間で40万円~80万円ぐらい。

終身預かりの場合は90万円~120万円ぐらい。

施設のサービスにより料金が異なるようです。

おわりに

ペットを飼う以上、
楽しいことばかりじゃありません。

猫の認知症で介護疲れ…そこで他人に預けるのはアリか?ナシか?

この記事でも書いたように
最後まで責任を持って飼ってほしい
とは思うのですが

それができずに飼育放棄して
猫を捨てて不幸な猫が生まれるくらいなら
施設を利用することも検討してみてください。

世の中には責任を全うできない飼い主も増え
このようなサービスに需要が
あるのも事実です。

利用するしないは飼い主の自由ですので
もし介護疲れで困っているのであれば
利用してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

シェアするニャン(^・ω・^)

フォローしてくれると喜びます♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。