猫のことわざ 『A cat has nine lives』 しぶとい女性にも使われていたらしい・・・

みなさん『A cat has nine lives』って言葉をご存知でしょうか?

『ネコに9つの命!?1つしかねぇーだろ!!』

と思われますが
これは『ネコは容易に死なない』という事から
この言葉が生まれたようです。

『しぶとい野郎だな』という意味で覚えておけばいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

9つの命の由来は縁起の良い数字から来ている!?

さて、

『なぜ命が9つなの!?』
『表現だけなら2つでも3つでも良いのでは?』

と思いませんでしたか?
実はこの9に意味があったんですよね~!

この言葉は、古代エジプトで作られたと言われており
ネコは高い所から何回落ちても死なないことから、
エジプトの人達は

『ネコは魔性の力を持っている!!神様~~~m(_ _)m』

このようにネコは神として崇拝されるようになったのです。

そして母なる神!父なる神!、息子たる神!!

(神多すぎじゃないか?ww)

と三位一体にネコを結びついけて

(こじつけかな?w)

そして3の3倍の9という最高栄誉の数字を与えた事から
9つの命があるとなり9が使われたようなんです!!

(すばらしいパチパチパチ)

ってことでね、
結構ありがたみのあることわざなんだなって思いましたね。

19階から飛び降りても死なないネコがいたらしい

実際に、ネコってどれくらいの高さから落ちても死なないの?
と思いますよね?

ボストンの白猫シュガーは19階から落下し
軽度の肺挫傷以外全く無傷だったそうです。

(ソース)
http://catman.moo.jp/flying-cat-syndrome/

1・・19・・・19階ってマジかよ~~(笑)
このネコ!!どんだけスゴイんだ!!

こんな超人的なネコは例外として
だいたいは2階くらいの高さなら生存するようです。
(あくまでも生存するってだけで死ぬネコもいるので注意が必要です。)

ちなみに、『A cat has nine lives』と思う記事を紹介しよう!

死んだはず猫が墓から蘇り家に帰ってきた・・・ゾンビ猫で話題が持ちきりに!!
(ソース)オーマイガッ!死んだ飼いネコが 墓から蘇って 我が家に帰ってきただと!!!こんな話、あ...
このように、墓から蘇ってくるネコもいるのだ!!

どんだけしぶといのか・・・。
やはりネコは魔性の力を持っているのかもしれませんね。

もともとは女性にも使われていた言葉らしい

2015_03_20_ネコと女の子は一緒に表現される

ネコだけじゃない!?実は女性も一緒に表現されていたらしいです・・・。

『A cat has nine lives and a woman has nine cats’ lives. 』
(猫に九生あり、女に九猫の生あり)

もともとはこのように長い形式で使われていたんですって。

『猫と女は執念深くて容易に死なない』

という意味で使われていたようです・・・。

ネコと女のリンク表現って日本だけかと思っていましたが・・・
海外も同じような感じで表現していたんですね(笑)

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

シェアするニャン(^・ω・^)

フォローしてくれると喜びます♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。